医療従事者確認
当サイトは医療従事者を対象にした情報提供を目的にしています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。
あなたは医療従事者ですか?
いいえ
はい

※医療従事者ではない場合はトップページへ戻ります。

本コンテンツは医療従事者向けの情報になります。

GRID (グリッド)は手術前の医師の検討作業を効率化し負担を軽減するためにデザインされた医用画像ビューアです。複雑な画像処理を簡単、迅速、精密に実現し、検討作業をサポートします。これまで医師の負担となっていた検討時の読影作業や医用画像処理をAI等を活用して効率化し、医師の負担軽減に貢献します。


製品詳細

自動処理

Deep Learningを駆使して開発された自動セグメンテーション機能を搭載しています。 医用画像データを入力すると自動的に3DCGが作成され、セグメンテーション作業の効率化を支援します。 これまで長時間の作業が必要であった脳実質のセグメンテーションに対して、医用画像データの入力から数分で3次元の組織の可視化が可能となります。

※この機能はソフトウェアを使用するに従って性能が変化するものではありません。 また、使用する画像が推奨条件を満たす必要があります。

シミュレーション

医用画像の3次元的なシミュレーションを効率よく行うための多数の機能を搭載しています。 セグメンテーション機能で作成した組織情報を使用し、開頭処理や組織の部分移動のようなシミュレーション機能や、 3次元の長さを計測する計測機能を搭載。 部分移動機能では、組織を移動させるような操作を仮想的にリアルタイムで可視化が可能です。

簡単セグメンテーション

任意の領域で複数の組織の作成が可能なため、医師の関心領域に絞った組織部位ごとの精密なセグメンテーション作業が容易に行えます。 画像を任意の3次元領域に区切ることができるため、血管などの複雑に入り組んだ臓器形状に沿って関心領域を絞ることができます。

強力なレジストレーション機能

強力な自動レジストレーション機能と手動レジストレーション機能により、3次元画像に対して効率的なレジストレーションが可能です。 自動レジストレーション機能では全ての画像を自動で位置合わせするため、位置合わせの手作業にかかる負担を軽減します。 また、位置合わせが困難な画像の場合も、細かく調整可能な位置調整ツールによってマニュアルで簡単に位置合わせすることができます。


主な機能
  • 自動セグメンテーション
  • 自動レジストレーション
  • サーフェス/ボリュームレンダリング
  • 画像協調処理
  • リフォーマット
  • 任意断面表示
  • 画像間加減算処理
  • DICOM/形状ファイル出力
  • シミュレーション
  • スクリーンショット

推奨動作環境
OS Windows 10 64bit環境
CPU Intel Core シリーズ7世代以降
CPUメモリ 16GB以上
GPU NVIDIA製でOpenGL4.5以上が使え、GPUメモリが6GB以上のもの
HDD 使用時はハードディスクの空き容量が20GB以上あること

管理医療機器

一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
クラス分類 プログラム1 疾病診断用プログラム
販売名 医用画像3DCGシミュレーションソフトウェアGRID
認証番号 303AGBZX00028000

お問い合わせ

下記メールアドレスへご連絡ください。
メールアドレス:grid@kompath.com